ビジネスブログの目的はPVではないし、アクセス数だけでもない

ビジネスブログの目的はPVではないし、アクセス数だけでもない

ビジネスブログの目的はPVではないし、アクセス数だけでもない

ビジネスブログをやっていると、ついつい忘れがちなのは、その目的です。

せっかく書いたものは見てほしいし、できたら反応がほしいからです。

 

ですからPV(ページビュー)数に一喜一憂しますし、それに心を奪われてしまいがちですよね。

しかし、PVに気をとられて大事なことを忘れてしまいかねません。

 

それは

ビジネスブログの目的は集客であり、最終的には売上につなげることだ

ということです。

 

混同しがちなので、補足説明します。

アクセス数・・・下記3つのどれかと混同される。サイトによってとらえ方が違う。当記事ではUUと同じとする。
UU(ユニークユーザー)・・・訪問したユーザー数。一人が何度訪れても、UUは『1』と判定する。
PV(ページビュー)・・・見られたページの数。(一人のユーザーが10ページ見ても、10人のユーザーが1ページずつみても、PV数は『10』)
セッション・・・同一人が一定の間隔を開けて2回訪れた場合、セッション数は『2』と判定する。逆に短期間なら『1』と判定。

 

なぜPVにこだわってしまうのか

ウェブの世界ではPV(ページビュー)で、そのサイトの価値を判断することが多くなっています。

わかりやすい指標ですし、カウントしやすいからです。

 

しかし、気をつけなければならないのは、ビジネスブログをやる上でPVを唯一絶対の指標にしてはならないということです。

その理由を説明する前に、まず『ビジネスブログをやっている人がPVにこだわってしまう原因』を明らかにしましょう。

 

以下の4点に集約されると思います。

 

1. 承認欲求から

人は誰しも自分が頑張っていることを誰かに認めてほしいものです。
しかし、ブログを褒めてくれる人はあまりいません。

 

誰にも認めてもらえないことを続けるというのは苦しいことです。

 

そこで数字を基準とするのは無理もないことだと思います。

数字が伸びれば、よく読まれていると満足できるからです。

 

しかし、そこに囚われてほしくないとも思っています。

 

余談ですが、私は、クライアントがブログを一生懸命頑張っていたら褒めます。

ですが、それは承認欲求を満たしてあげるという理由からではありません

本業がある中で、毎日ブログを書き続けるというのは本当に労力がいることだと私自身がよく知っているからです。

 

2. 自己顕示欲のため

先ほど紹介した1の人のブログのPVが伸びた時に陥りがちです。

 

数字を唯一の判断基準にしてしまったため、いざ自分が多くのPVを獲得すると、

「どうだ? 俺はすごいだろう?」

と言いたくなってしまうんですね。

 

その気持ちはわかりますが、こうなった場合、何を目的にしているのかわからない状態になるので気をつけてください。

 

3. 思い込み

ブログを書いているからにはPV数が必要だと思い込んでしまう人がいます。

もちろん、ある程度のPV数、というよりアクセス数(実際に来てくれた見込み顧客の数)は必要です。

しかし、ビジネスブログの場合、アクセス数が唯一絶対の指標ではないということを忘れないでください。

 

他にも重要な指標として『成約率』があります。

 

成約率とは、『見に来てくれた人たちが、あなたの思う通りの行動をしてくれる割合』です。

サイトによって違いますが、成約とは、『お問い合わせ』かもしれませんし、『商品の購入』かもしれません。

 

4. PV数を求めているサイトとは性質が違うことに気づいていない

広告収入で運営されているサイトであれば、その広告を『どれだけの回数、人の目に触れさせるか』が最優先事項になるわけですから、PV数にこだわるのは当然です。

 

しかし、ビジネスブログを書いているあなたが、その尺度を取り入れる必要はありません。

別のところで戦っているからです。

 

ビジネスブログの目的は『売上』です。

それは次項で説明します。

 

ビジネスブログはPVにこだわりすぎなくてもよい

ビジネスブログを書く方には、PVにこだわりを持つのではなく、内容にこだわってほしいと私は思っています。

 

いや、それは違う。PVは頑張った結果だ。結果が全てじゃないのか

と言いたくなる気持ちはよく理解できます。

ビジネスはきれいごとばかりでは成り立たちません。

結果が全てだということには頷けます。

 

しかし、考えてみてください。

ビジネスブログを書いているあなたが出すべき結果というのは、『できるだけ多いPV数』ではありません。

 

出すべき結果は『売上』です。

それ以外にありません。

 

次回は、その売上をインターネットでどうやればあげられるのか、どういう施策をとればよいかということについて説明します。

 

 

役に立ったとき、気が向いたときに是非シェアしてください。

よろしくお願いします。

転職前にやるべきこと!会社の情報を収集するための企業リサーチ方法とは?

転職前にやるべきこと!会社の情報を収集するための企業リサーチ方法とは?

転職は人生を左右する重要な決断です。実際に転職してみると想定と実情が大きく異なっていたり、メリット以上にデメリットが大きかったりすることがあります。そのため転職前には企業リサーチが必要不可欠と言えます。今回は転職で失敗しないための前準備についてご紹介します。

転職で失敗しないためには


過去と比べると、現在では転職することに抵抗を感じる人が減っており、転職者の人数や転職に対して悪い印象を持たない会社も増えているようです。しかし、転職に失敗したという話は相当数存在し、転職を後悔している方も決して少なくありません。想像とのギャップで、転職先の不満やストレスが溜まっていくと、体調を崩す原因にもなりかねません。また、短期間に何度も転職を行っていると次第に印象が悪くなり、結果として次の転職が困難となる可能性があります。

転職でありがちな失敗


たとえば、やりがいや実力主義を求めて大企業から中小企業に転職してみると、大企業以上に厳しい年功序列となっており、やりたいことができずに入社後に後悔するといったケースが少なくありません。また、会社によっては周囲の社員から嫉妬や対抗意識を持たれたり、給料の高さなどの条件の良さで転職を決めたが、それ以上に残業やストレスが多くて身体を壊してしまったり、蓋を開けてみればハラスメントが横行しているといった失敗例が数多くあります。表面上は目立たないような問題を避けるためにも、丁寧なリサーチが必要と言えます。

転職エージェントの注意すべきポイント

転職の際、無料で利用できる転職エージェントを利用する方も多いですが、注意すべきポイントも存在します。転職エージェントは転職成功者のその後の年収に応じて報酬を受け取ることが一般的です。つまり、担当者によっては転職者が迷っている場合などでも転職を成功させるようなサポートを行う可能性があります。また、転職エージェントは転職活動を仲介するためのものであって、転職について相談を受けてくれるものではありません。転職エージェントの利用で失敗しないためには、あらかじめ自己分析をしておく必要があると言えます。

転職希望先の企業リサーチをしよう!

どのような理由で転職するにしても、会社の情報をリサーチすることはとても重要です。転職先に希望していた会社の情報を収集してみると、想像と内情が全く異なっていたという話も珍しくありません。また、リサーチすることで自分の向き不向きや、働くうえで重要視していることが明確となり、自己分析をするきっかけとなります。もし、リサーチ不足で転職に失敗し、短い期間でまた転職をすることになると印象が悪くなり、希望する会社への転職がだんだん困難となる可能性もあります。情報収集は十分に時間をかけて丁寧に行いましょう。

企業リサーチ方法は


転職先の会社のホームページを読み、世間で語られている漠然としたイメージのみで企業のリサーチを終えてしまっている方がいますが、それは大きな間違いです。重要なリサーチ方法はいくつか存在し、それぞれから読み取れる情報の質が全く異なります。一般的に、企業リサーチを終えると会社の概要や経営方針、キャリアパスなどを質問されたときに自分の言葉に置き換えて説明できることが最低ラインとされています。転職は人生において一大転機です。あらゆるリサーチ方法を検討し、時間の許す限り転職先の会社をチェックしておきましょう。

企業の情報は総合的に判断しよう

転職前のリサーチ方法としてもっとも代表的なものは会社のホームページを確認し、経営状況や給料に関する情報などを確認しておくことです。さらに、会社の関係者や社員に話を聞くことで会社内の雰囲気や抽象的な情報まで知ることができます。そして、ネットが普及している現在では、SNSやブログを定期的にチェックすることも重要です。条件面などにはあまり表れない問題を抱える会社も存在するため、リサーチの際は数字で具体的に書かれている情報と、会社内の雰囲気などの抽象的な情報の両方をチェックし、総合的に判断する必要があります。

ホームページを見る


会社のホームページにはIR情報というものが記載されています。IRはInvestor(投資家)Relations(関係)の略で、上場企業が主に投資家に対して公開している情報です。なかでもIR情報内にある有価証券報告書には平均年間給与や平均勤続年数、退職金などのさまざまな情報が記載されているため、会社の体制をもっとも客観的に知ることができます。さらに、記載されている業績の推移を確認することで企業の安定性をある程度予測することが可能となります。転職者は会社のIR情報を必ずチェックしておきましょう。

働いている人に話を聞く

実際に会社に就職している人に話を聞くことで、想像と現実のギャップを埋めることができます。ただ、同じ職種の会社に転職する場合は知り合いも多く、事前に十分な内部情報を収集することが可能ですが、全く異なる職種を目指す場合は話を聞ける知り合いがいないケースも多いでしょう。その場合、業界研究セミナーに参加するという方法があります。実際に働いている方に話を聞き、キャリアイメージの形成や知る機会の少ない最新情報を手に入れることができます。話を実際に聞くことは転職後のビジョンを明確にする手助けとなるでしょう。

企業のSNSやブログを読む


できれば会社の関係者が運営しているSNSやブログもチェックしておきましょう。企業のオフィシャルブログだけではなく、会社によっては社長個人のブログ、人事担当者のブログ、社員のブログなどで情報発信が行われていることがあります。それらのようなブログはホームページに記載されている情報と比べるとタイムリーなことが多く、会社の雰囲気がリアルに伝わってくるのが特徴です。会社の内部を把握するためにも、転職の準備期間は忙しくなりがちですが、すきま時間を見つけるなどして定期的に目を通してみることをおすすめします。

業界新聞や専門誌をチェックする


多くの業界では業界新聞や専門誌が発行されています。転職先の会社が同じ業界であればあえて調べる必要性は薄くなりますが、全く異なる業種に転職する場合は非常に重要です。会社単位での将来性ではなく、業界全体の将来性や傾向を把握しておきましょう。わざわざ購入せずとも、大きな図書館であればバックナンバーが取り揃えられていることがあります。誌面での情報はネット上で入手しづらいため、面接時のアピールポイントに活用することで差を付けることが可能となります。特に大きなニュースが起きた場合は専門誌のチェックをぜひ行いましょう。

イベントに参加する

転職を考えている方のために、全国で転職フェアが開催されています。主に大手の転職エージェントや人材紹介会社が主催しており、転職希望者とさまざまな有名企業との交流が行われます。転職フェアは大規模なものになると動員数が1万人を超える場合もあります。そのため、転職フェアに参加する場合は履歴書までは必要ありませんが、希望の職種や年収などをあらかじめまとめておくことで、目的をもってスムーズに情報収集することが可能です。転職者向けのイベントにも積極的に参加し、なるべく自身にふさわしい会社を見つけましょう。

企業リサーチは余裕を持って行おう!

転職先の会社のリサーチには方法がいくつかあり、どれも情報の質が異なります。総合的に判断しようとすると、どうしてもある程度の時間がかかってしまうため、時間に十分な余裕を持って会社の情報を調べる必要があります。また、そもそも転職の前後1~2か月は考えなければならないことが通常より増える傾向にあり、企業リサーチに割くキャパシティが不足してしまうことも多々あります。時間だけではなく体力的な意味でも、転職先の情報を調べるときは長い準備期間を確保し、計画的に進めていきましょう。

ペライチでホームページをつくってみる!

ネットは長文が多い理由は!? 長い文章にうんざり!!!

ネットは長文が多い理由は!? 長い文章にうんざり!!!

最近のネットを見てると、長い文章ばっかりでうんざりしませんか???
なぜ、こんなに長文だらけなのか? そんな疑問にお答えします!

グーグルのせい!

結論から言っちゃうと、検索エンジンのグーグルのせいです!
グーグルは長文ほど検索上位にあげます、長い文章ほど検索した時に上に来るんですよね

実際、ネットで検索するとそうじゃないですか?

なんか検索したら1位の記事は、ズラーッとめちゃくちゃ長い文章のブログだったりする・・・
目次を見ただけで「うわっ・・・」と思って閉じちゃうことも多い

ちなみに、グーグル側は「文字の多さで検索順位は決まらない(キリッ」とか言ってるんですけど・・・そんなわきゃない!

長い文章の記事こそ検索上位になってる!

自分も他のブログで色々と記事を書いてきましたが、やっぱり検索上位に来るのは長い文章、それも無駄に長い文章の記事!

余計な文章を増やすほど上位になりやすい

例えば、「芸能人の不倫」の記事を書くとしますよね、その場合には

「芸能人のプロフィール」
「芸能人の出演ドラマ」
「芸能人の出演映画」
「芸能人の家族」

などの情報も一緒に書くと検索順位が上がりやすい
一般的に無駄に文字を増やすほど検索順位はあがると言われます!

なので、私も含めて世の中のブロガーさんはみんなひたすら文字を増やすことに努力してます!
その結果、長文ばっかりが検索上位にあがってくる!!!

「芸能人のプロフィール」なんか聞いてないよ・・・Wikipediaで見ればいいよ・・・って思います

なぜ、長文が検索上位になるのか?

これは網羅性(もうらせい)というシステムのせいみたいです
網羅性とは? 私も詳しくは知らんのですが、単語や文字が多いほど検索順位が上がるシステムみたい

つまり、上で書いたように、余計な文章をたくさん増やすほど検索順位が上がるシステム

ハッキリ言って迷惑! 検索エンジンを使いにくくしてる原因!

長文を書きたいわけじゃない!

ブログやサイトを作ってる人たちも、本当は「長文を書きたくないんです!」
ネットを見てる人は勘違いしてる方も居ますが、「好きで長い文章を書くわけじゃないんです!」

長い文章を書いた方が検索順位が上がってアクセスが増えるから文章を長くしてるだけです!
つまり、長い文章を検索上位にしてるグーグルが悪いんです!

アフィリエイトで稼ぐため

ネットで長文が多い理由の1つに、アフィリエイトがあります。

アフィリエイトは一般的に、文章を長くすればするほど商品が売れやすい、成約(契約)しやすい、と言われます。

つまり、長文ほどアフィリエイトで稼ぎやすくなるのです。

だから、上級者のアフィリエイターさんは長い文章を書きます。 1記事で1万文字書くような人もたくさんいますよ。

私も、いくつかブログやサイトを作っていますが、長い文章ほどアフィリエイトの収入が増える気がします・・・

アフィリエイトの激戦区と言われるジャンルは、めちゃくちゃ長いサイトや記事だらけですよね・・・

これからも長文は増えてく!

文章を増やさないと検索順位が上がらないので、ライバルよりも1文字でも多く文章を増やすことにみんな熱心!
なので、これからもうんざりするほど読みにくい長文のブログが増えていきます!!!

すぐに答えを知りたい人は?
グーグル使わず「Yahoo知恵袋」でも見てた方が速いんじゃないでしょうか?